POSレジを有効活用することでより業績を良くする目途が立つ

SITEMAP

POSレジでのお支払い

売れるお店に成長するためにPOSレジを活用しよう

POSレジを設置した店

飲食店経営で成功を収めるためには、自分のやり方をごり押しするのではなく、お客様の求めるものを把握して、自分がやりたいことと上手くすり合わせることが大切です。そのためには、オープンしたお店の利用者について、出来るだけ詳しい情報を把握して傾向を分析することが大いに役立ちます。この目的にピッタリのツールがPOSレジです。飲食店経営は、そもそも非常に忙しいもので、顧客情報や売れるメニュー情報など、必要な情報を集めて分析する必要性を理解していても、そのためのリソースがない場合も多いです。POSレジを導入すれば、情報収集は日頃の業務の中に組み込んで行うことが出来るため、そのための新たなリソースを確保する必要がありません。ある程度の量の情報が集まったところで、よく出るメニューの特徴、よく来てくれるお客様の属性、利用時間帯など、傾向を把握します。それを考慮に入れて、店舗営業時間帯、メニューの内容、追加サービス等について少しずつ改善を加えていきます。そのような丁寧なすり合わせを行うことで、多くのお客様に支持される人気店へと成長することが出来るでしょう。信頼性の高いデータに基づいた合理的な改善策を練るのに役だつPOSレジ、是非導入しましょう。

スタッフの配置を最適化するのにPOSレジが役に立つ

どのようにスタッフの配置を最適化したらいいか、いい案が無くて悩んでいる飲食店は多いでしょう。一つの対策としておすすめなのが、POSレジを導入することです。POSレジは、レジと呼ばれているようにお会計の機能も備えてはいますが、単なる計算機としての機能をはるかに超える優れた機能を備えたシステムが存在しています。POSレジを店頭で利用していれば、お店が混み合う時間帯の会計も、バーコード処理で迅速に済ませることが出来ます。ランチタイム、忘年会・新年会の時期、そして歓送迎会が集中する年度切り替えの時期は、会計に時間を取られてサービスに人手が足りなくなるため、臨時で人を増やすお店も多いです。POSレジがあれば、そんなことをせずに、スマートに業務処理できるでしょう。また、POSレジではお店の利用客属性、人気メニュー、お客様の数の時間的推移などの情報収集を行うことも可能です。こうした情報を集めて分析することによって、一番効率よく稼げる店舗営業時間帯も分かりますし、どの店舗がどの時間帯に忙しくなるかも把握できます。こうした分析結果をもとに店舗のオープン時間帯、スタッフの配置を調節すれば、必要最小限の人数と営業時間で、利益を最大化することが出来るでしょう。

高品質のサービス提供のためにPOSレジを利用しよう

人気のある飲食店で残念に思うことが多いクオリティの低いサービスの例としてどのようなものがあるでしょうか。特に、人気が爆発して急に成長したお店では、教育訓練がしっかりされていない新人スタッフが会計処理に手間取ったり、ミスの連発などで、精算にやたらと時間がかかる例を良く見かけます。また、この影響で、慣れたスタッフが会計のサポートに入ることで、ホールの方が手薄になり、オーダーを取りに来るまでの時間、料理が出てくるまでの時間、いずれも長くなるというのも、よくあるケースでしょう。
POSレジを導入すると、このような問題は一気にまとめて解決することが出来ます。まず、POSレジであれば、打ち込み式のレジとは違ってバーコードを読み込むだけですので、どんな新人さんでも、少し操作を教えるだけで迅速な対応ができるようになります。お会計を新人さんに任せて大丈夫なら、経験豊富なスタッフは、より重要性の高い業務に集中する余裕ができるため、現場のサービス向上にもっと大きな貢献ができるようになるでしょう。POSレジの導入と有効活用によって、会計スピードの改善、接客面でのサービス品質の向上という効果を期待できます。是非、使ってみることをおすすめします。